HOME>特集>手術で肩こりや眼精疲労などの症状を改善可能

視野が広くなる

女性の目元

眼瞼下垂というのは、眼瞼挙筋から瞼板が剥がれてしまった状態です。これはれっきとした病気として認められており、視野を狭めてしまう悪影響をもたらします。手術をすることで視野を広くすることができるようになります。

目が開けにくいという症状を改善

女性の目元

目が開けにくいのも眼瞼下垂の症状の一つです。瞼が開きにくくて視野が限定されてしまうことで、実生活上様々な不都合が生じてしまいます。強度下垂にもなると、瞳の部分に瞼がかぶさるので、それを改善するために手術をします。

保険が適応できるケースとは

女性の目元

保険が適用できるケースがあります。眼瞼下垂を改善するための手術では、瞳に掛かった瞼の皮膚を切除します。この皮膚をどれだけ切除するかについては、医師に一任することで保険が適用される場合があります。二重手術のように二重の幅を自ら決めようとすると、保険適用の対象外となってしまう場合があります。保険適用の範囲内で手術をする場合には、色々と制約が伴ってきます。

眼精疲労や肩こりの改善

目元に触れる人

眼瞼下垂の影響で、肩がこりやすくなったり、目が疲れやすくなったりすることがよくあります。瞼が目にかぶさった状態であるので、それがストレスになって体に支障をきたすのです。手術を受けることで症状を改善できます。

広告募集中