HOME>イチオシ情報>まぶたの下がりは手術で簡単に治すことが可能

眼科で保険治療してもらえる

女性の目元

眼瞼下垂はまぶたが下がるという症状があるため、顔のビジュアルに影響を及ぼす厄介な病気です。そのため、まぶたという目立つパーツが変化したことに悩んでいて、手術を受けて以前の自分に戻りたいと思う方もいるでしょう。そして、見た目を変えてもらうのですから、美容系のクリニックで自費で手術を受けなければいけないと考える方もいるはずです。しかし、眼瞼下垂は病気なのですから、美容系ではなく普通の眼科がある医療施設(手術に対応しているところ)で治療をしてもらうことが可能です。もちろん、眼科で病気を治すのなら、自費ではなく加入している保険を使って安い治療費で手術を受けられます。

狭まっていた視野を回復できる

看護師

見た目が気になっていなくても、視界が狭まってきたというのなら、施術を受けて治してもらいましょう。特に、自動車の運転など視野が大切なことを日常的にするのなら早めに治してもらったほうがよいです。もしかすると、自分で眼瞼下垂だと考えていても、視野は以前とあまり変わりないと感じている方もいるかもしれません。しかし、ゆっくり下がってきたから気がつかなかっただけで、実際は視野が狭まっている可能性があるので治してもらうことを強くおすすめします。

頭痛や肩こりを解消できることも

目元

頭痛や肩こりなど、原因の分からない不調があるのなら、もしかすると眼瞼下垂が理由なのかもしれません。眼瞼下垂はいろいろな不調をもたらす病気なので、まぶたの下がりと一緒に何かしらの症状が起こったのなら、眼科で診察を受けてみましょう。まぶたを上げる手術を受けるだけで、それらの嫌な不調が消えてなくなる可能性もあります。眼瞼下垂の手術は日帰りで行えるほど簡単なものなので、頭痛や肩こりなどに困っているのならば、とりあえずでもまぶたを診てもらいましょう。

広告募集中